パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • SEO効果の上がるアンカーテキストの正しい使い方

SEO効果の上がるアンカーテキストの正しい使い方

パソコンを持っている男性

アンカーテキストは差異と内部でのSEO対策をとる上では、必須の技術の一つでサイトユーティリティーを高める上では非常に重要な位置づけをされています。アンカーテキストとはテキストにリンクが設定されているものです。テキストリンクをコンテンツ内に適切に配置することで、使い安く閲覧しやすいサイトと評価されることになるので、ユーザビリティを上昇させることになります。
例えばサイト内のコンテンツのタイトルを一覧にして、アンカーテキストを設定しておけば、そのリンク先の内容が簡潔かつ具体的にユーザーに伝えることが可能になるので、ユーザビリティが大きく改善されます。
ナビゲーションメニューに掲げられている、アンカーテキストもユーザビリティを考慮する上で、大きな意味を持っています。それと言うのもサイトを訪問したユーザーが、このサイトが何を取扱っているサイトなのかの概要を把握することを容易にするからです。

またアンカーテキストには、人間だけでなく検索エンジンにも、リンク先のページが何なのかを伝達する意味もあります。具体的な名称のテキストリンクをはることで、検索エンジンもリンク先のコンテンツ内容を把握することが叶います。
さらに各サイトでは動画や画像などが貼られていますが、検索エンジンはそのままでは把握できません。そこで簡潔なタイトルのついた画像リンクをはることで、検索エンジンはその内容を把握することが可能になるのです。この画像リンクを正しく使うことができるようにaltテキストが使用されます。その結果、クローラーが階層構造を理解することを容易にし、SEO対策にもなる地位得るわけです。

アンカーテキストを使用するときに注意したいのは、リンク先の内容が瞬時にわかるテキストを心がけることです。例えば”この記事を見て下さい”のように曖昧な表現は出来るだけ回避し、特定の問題について具体的な内容を伴っていることが大事です。アンカーテキストに参照の意味合いを持たせたいときには、選定キーワードを入れて起きます。

このように選定キーワードを入れておくことで、リンク先のページもインデックスされて正しい評価を得ることが可能になります。だからと言ってキーワードだけを入れておくと、むしろ抽象的になり予見性のメリットを減殺することになるのです。簡潔なフレーズをその都度考えるのがポイントです。最近では画像もコンテンツで重要な位置を占めているので、検索エンジンでも画像リンクを正しく理解してもらうためにaltテキストの使用も忘れないことです。

サイト内検索
人気記事一覧