パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • 読みやすい文章コンテンツを作るコツ

読みやすい文章コンテンツを作るコツ

検索大手のGoogleでは、コンテンツをインデックス氏検索結果に反映させる過程において、ユーザーにとって有益な情報をもたらすか否かを重視する旨を鮮明にしています。言うまでもないことですが、コンテンツの主要な部分を占めるのは文章(テキスト)になります。運営しているサイトの分野や専門性によっても内容や文章の体裁などは異なってきます。文末を”ですます”調にするのか、あえて”である”に統一するのかは、コンテンツの方向性によって適切なスタイルは違ってきて当然です。
しかしどのような対象を扱うテキストをライティングするにしても、読みやすいコンテンツ作りを重視するべきなのはかわりません。確かにGoogleはサイトの専門性や権威性を重視するのは確かですが、検索絵結果で上位に表示される公的機関や研究機関の、学際的な内容や体裁をもつコンテンツに打ち勝つのは困難というのが現状です。サイト訪問者が理解に困らないように、サイト内で意味内容を完結理解できるようにするには、簡単な言葉を使用することが有益な場合が多いと言えます。

簡単な言葉を重視するとはいっても、コンテンツの信頼性を高めることが当然需要で、参考データを添付したり、時には吹き出しをつけるなど、記事内容の一覧性をたかめる努力も軽視するべきではないでしょう。参考データや吹き出しなどで、根拠に基づくコンテンツ作りに取り組むことで、記事内容の信頼性も高まり、検索エンジンからのSEOスコアの上昇も見込めることが出来るはずです。読みやすいコンテンツを作成する上では、視覚的にイメージで認識するのが容易になることも心がけるのが訪問者にとっても、記事への関心をためることにもなります。

SEO対策のためにも、画像を随所に織り込んでテキスト内容の理解の補助になる心遣いを示すことも滞在時間をながくすることにもなります。
そしてサイトを閲覧した時にコンテンツの方向性を簡潔な言葉で表現した、見出しの考案も軽視できない事項です。適切な見出しを付すことで、閲覧者に記事の内容に対する予測可能性をあたえることが出来るので理解の助けになります。記事の根拠を示すには、良い口コミだけでなく悪い口コミも併記して中立性を保つことも大事です。
根拠には良い口コミと悪い口コミを両方盛り込んで、あくまで情報としての中立性をアピールし、吹き出しや、時には画像なども織り込むことで、よりわかりやすい文章のコンテンツを提供することが可能になります。