パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • 被リンクのSEO効果はどう?集めるポイントを解説

被リンクのSEO効果はどう?集めるポイントを解説

パソコンを使用する男性

SEO対策はサイト運営を進める上で、必要不可欠の対策として認識されています。中でも従来から重視されてきたのは、被リンク数の多さにあります。以前は被リンク数の多さがSEO対策で重視されていましたが、最近ではコンテンツの豊富さやクオリティが重視される傾向があります。
しかし被リンクが依然重要なSEO対策の一つとの基本スタンスは変わっていません。とはいっても数さえあれば良いというわけでもなく。低品質な被リンクやスパムリンクなどで水増ししてもSEO対策にはなりません。最悪の場合、低品質な被リンクを貼るとガイドライン違反として、Googleなどの検索エンジンからペナルティを受ける危険も高まります。

そもそも被リンクとは、外部から自分のサイトに向けて発せられたリンクのことです。このように外部からのリンクをもらうことは、SEO対策において重要な位置を占めています。なぜなら検索エンジンのスタッフも、コンテンツとリンクが検索順位を決定するうえで、最重要の要素と認識していることを明らかにしているからです。

それでは何故被リンクが重視されるのでしょうか。一般的にリンクを張る好意にでるのは、そのサイトを見て役に立った有用な情報にめぐり合えた、このような感想を抱いているからです。つまり誰かの助けになり有用性を持つことの、客観的証拠の一つと考えることができます。逆に役に立たないサイトにリンクを張りたいと思う人はいないはずです。従って被リンクの多いサイトは、良質なコンテンツを含んでいるからこそ、多数の自然な被リンクを獲得していると結論付けることが出来ます。
この前提を踏まえれば、被リンクのSEO効果を発揮し検索順位のアップを目指すなら、良質なコンテンツの数をそろえて、自然な被リンクを獲得することがセオリーになります。
具体的に自然な被リンク数を増やすには、良質なコンテンツを作ると同時に露出を増やすこともポイントになります。露出を増やす目的なら、facebookやtwitterなどのSNSを積極的に活用する方法があります。facebookやtwitterなどの大手SNSを活用すれば、自分自身の認知度を上げることは容易です。
なかにはSNSにはSEO効果が望めない、との見解もあります。しかしSNSを駆使して認知度をあげることには、自分の露出を増やしてファンになってもらう側面もあります。フォロワーの数も増えれば、あなたのコンテンツに注目してくれる層をより拡大することも見込めるはずです。