パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • リライトをすれば検索順位が上がるかもしれないよ!

リライトをすれば検索順位が上がるかもしれないよ!

コンテンツを頻繁に更新し、アイキャッチ画像や各種の画像などを添付するなどSEO対策を意識してサイト運営を行っているにもかかわらず、検索順位があがってこないで下位で沈んでいる場合には、何らかの原因が想定されます。
中古ドメインを使用している場合に、特に注意するべきなのが過去にGoogleのガイドラインに違反した過去記事が問題視されたためにペナルティを受けている事実の有無です。

ペナルティの有無を確認するには、サーチコンソールを使用すると確認できる場合があります。サーチコンソールの”手動によるペナルティ”タブをクリックすることで、手動ペナルティの有無を確認することが可能です。仮に過去記事が原因でペナルティを受けていることが判明すれば、ガイドラインにそってコンテンツを修正し、原因を改善した後にGoogleに再審査リクエストを行う必要があります。

それではペナルティを受けている状況でもない場合は、選定キーワードの検索ニーズが低いことが関係している場合があります。このような選定キーワードの検索ニーズを判断するにも、サーチコンソールは活躍します。
使い方ですが、サーチコンソールを起動し、検索アナリティクス→クリック数→検索クエリの順で、クリックすると過去一ヶ月間のデータが表示されます。検索クエリの分析を行うことで、芳しくないアクセスしか結果的に達成できていないときは、選定キーワードの再検討作業も必要になるでしょう。

ところでキーワード選定で特にニッチなものを選定していない場合には、コンテンツの内容で競合サイトに比べて見劣りしていることもあります。過去記事を投稿した当時は、需要が高い場合でも次々と、競合サイトは参入してくるのでコンテンツの中身が陳腐化することも想定されます。

検索順位を上げるために形式面では特に不備が見当たらないようであれば、流入する競合サイトに遅れをとらないように、新規にコンテンツを追加することも取り組みつつ、同時並行に過去のコンテンツのリライトなどを行うのも効果的です。リライトとは、記事のテキストなど書き直す作業のことです。
投稿当時は正しい内容でも、後日の研究成果発表などで削除するのが妥当な場合もあれな、情報を追加するなどしてコンテンツのアップデートに努めるわけです。有益な情報の追加や、陳腐化したり誤りを含んだ部分は削除するなど、リライトには色々なメリットがあります。新たに流入してくる競合サイトと打ち勝つためにリライトを実践するのもおすすめのSEO対策です。