パソコンを使用する男性
  • ホーム
  • ライバルと差をつけるアイキャッチ画像とは?

ライバルと差をつけるアイキャッチ画像とは?

サイト運営において訪問者に他にはない強い印象を与えるためには、オリジナリティを持たせることが重要です。無難なサイトデザインでは滞在時間の短期化傾向や、コンテンツの読了率の低下などにつながる恐れが懸念されるからです。せっかく工夫や言葉遣いに意匠を凝らして、分かり易さを心がけてライティングした文章の充実に努めていても、最後まで読了してもらわなければコンテンツに対する満足度も下がってしまいSEO対策上の好ましい結果をもたらさないでしょう。
せっかくサイトに訪問してくれても、一通り眺めただけですぐに移動してしまうような滞在時間の長さでは、検索表示上位を狙うのは難しいと言わざるを得ません。

ところでサイト管理運営を実践している方は、画像や動画をテキストと組わせることでSEO効果が挙げることは御存知だと思います。文章だけでは伝達することができない部分や、より深いインパクトを与える為に視覚的興味を惹く上では、画像や動画のもつポテンシャルには大きなものがあるからです。
他のサイトに差をつけて、検索上位を狙う上で効果的なのは、アイキャッチ画像を駆使してサイト全体のオリジナリティを感じさせることが重要になります。アイキャッチとは静止画像に文字やポップを随所に配置することで、視覚的にインパクトのある画像をトップページなどに配することです。無料で利用出来る著作権フリーの画像をそのまま貼っている事例もまま見受けられますが、簡単に文字やイラスト・加工などを加えることが出来るツールも無料で公開されているので、それらを使ってオリジナリティ溢れるアイキャッチを作成する方が、興味を惹くのでサイト内の他のコンテンツへの誘導を促しクリック率や読了率の上昇も期待できます。

また最近では読者に深いインパクトを与えた記事は、SNSを経由して広く拡散されることもあり、結果的にクリック率などの上昇によるアクセス数の増加も見込めます。尤もSEO対策を考える上で、SNSの動向は有意的な差をもたらさないとの見解も有力です。SNShnofollowになっているので、いくら拡散やサイトへの誘導を進める書き込みなどが増えたところで、検索結果上位に直接的にはつながらないからです。
確かにSNSではタイムラインのなかに、書き込みは流れてしまうのでSEO対策を取る上ではあまり意味がないかもしれません。しかし事実上大きな影響力を持っているのは確かなので、SNSも意識したコンテンツ作りを行うのも有益な側面があると言えます。