パソコンを使用する男性
パソコンを使う男性

サイト運営を初めてある程度の時間も、定期的な更新も心がけているのに想定したようなアクセスが集まらなかったり、検索順位下位で沈んでしまっていることが良くあります。案外見落とされているのは、新規ドメインではエイジングフィルターの適用を受けている可能性です。エイジングフィルターとは新規ドメインでサイトを開設した場合に、代表的名検索エンジンのgoogleが適用しているアルゴリズムのことです。

このフィルターの適用を受けるといくらサイト更新などに取り組んでいても、しばらくの間検索圏外に落ちてしまいます。一時的なものなので数ヶ月程度経過すれば、コンテンツの評価に基づいて検索順位も上昇してきますが、その期間経過前にモチベーションが維持できなくなり事実上、サイト運営を中止してしまうこともあります。
また新規ドメイン固有の問題として、ドメインパワーが低い事実を指摘することも出来ます。検索順位上位結果表示を狙うなら、前提にインデックスされることが必須です。インデックスとは検索エンジンのクローラーによって、感知されて評価を受けることです。サイト運営に歴史のあるオールドドメインの場合は、良質なコンテンツ更新などを頻繁に行った実績があればクローラーに検地してもらう可能性が高くなり、検索上位に位置することも可能性が高くなります。

運営開始後、サイト運営に実績のあるオールドドメインにはこのようなドメインパワーがついているのでドメインパワーを活用するべく、中古ドメインで運用するという選択肢もあります。中古ドメインとは過去にサイト運営の実績があるものの、契約期間切れなどで管理者が不在のドメインのことです。
中古ドメインを利用することのメリットは、外部リンクからの被リンク数なども受け継ぐことによるSEO効果を期待できることです。外部リンクの被リンク数をサイト立ち上げ当初から、保有することになるのはメリットが大きいといえます。

しかしメリットばかりでなく、デメリットもあることは常に慎重であるべきです。過去に検索エンジンからペナルティを受けていると、いくらコンテンツの充実に努めていても検索順位が上がらないといったデメリットに遭遇することになりかねません。特にアルゴリズムによってペナルティを適用されている場合は、過去のコンテンツ内容を点検して、ガイドラインに添った内容に修正する必要にせまられます。SEO効果を狙うことが出来るといっても、ペナルティの可能性が否定できないので中古ドメインの選定購入には慎重に臨む必要があります。